Works2


Player's Quest


その事の発端は、10/4の掲示板の書き込み



突撃予告があったので(しかもいきなり「行かせて頂きます」という決定宣言)、
私もこれを楽しませていただこうと、このようなクエストを考えてみました

さて、どうやら本気でクエストを受けるようですので(笑)、
準備をしなければなりません

名づけて
「不幸!鯛の姿焼きに帰還スクロールを届けよう!」

このプレイヤーの手によって作られた「クエスト」を与えるというのは
兼ねてよりやってみたかった実験
雰囲気としてはTRPGみたいなものになるでしょうか?


こちらも初めての試みなので、内容は至ってさらっとしたものになりました
クエストのストーリー設定のほうは掲示板の書き込みを見ていただくとして、

以下、このクエストの手順となります



イベント

“成人式の祭壇でヒントをGET”

掲示板にて出したヒントのとおり行動をすれば、成人式の祭壇で重要なヒントを得られます
彼女に話しかけると、

1. 鯛の居場所が明確に分かる
2. ヴィクトーリア(LV16)が案内人としてPTに加わる


というイベントが発生
ここで、鯛が黒研のメルケニス部屋にいることが判明します


イベント
“強い護衛を雇う”

黒研入り口付近にいるFireforgeに出会うと、Fireforgeが話しかけて来ます

ここでの彼との会話で、次のようにイベントが進行します

Fireforge:「黒研に入るのか…おまえたちだけで大丈夫か?」

この問いに対し、クエストを与えられたプレイヤーが

「不安です」「行けないと思います」「大丈夫じゃないです」
「Fireさん一緒に来てくれませんか?」

など、不安がる返事をすると
Fireforge(レベル48)が護衛としてPTにJoin

「大丈夫です!」「がんばります!」「とりあえず行ってみます」
「Fireさんばいばーい!」

など、「とりあえず自分たちだけで行ってみる」的な返事をした場合、
Fireforgeは護衛につかずそのまま立ち去る(城村に帰る)

となります

このイベントは大変重要で、ここでFireforgeをPTに入れられないと全滅は免れず、
制限時間をあっさりオーバーすることが予想されます


(Fireを仲間にしなかった場合は、
イベントで控えているおおとりさまに初期村に飛んでもらい、

一定条件でクエストを受けた人たちを引率するという
保険イベントも考えてました)



イベント
“メルケニス部屋のボスと対決”

メルケニス部屋に待ち構えているのは、
メルケニスを率いる邪悪なエルフ・おおとりさま

彼女の足止め(アイスボルト)をかいくぐりつつ、
この先にいる鯛に帰還スクロールを渡せばクエストクリアとなります

Fireforgeが護衛についている場合、Fireforgeのスタンが勝利の鍵となります
ただし…奥にはメルケニス一味がいることも考えないといけません
クエスト中最大の難所となります


イベント
“鯛に帰還スクロールを渡す”

部屋の中で動けなくなってる鯛に、手渡しで帰還スクロールを渡すと
クエスト終了となります

こんな感じ

尚、このクエストを受けるのにレベル制限はありません
他鯖からいらっしゃるお客様ということで、レベルもせいぜい上げて10程度と見込み
この場所を選ばせて頂きました
クエスト開始時間前に、どれだけ準備してるかも重要です

今回は、Fireforgeを護衛に出来るかどうかが、クリアを大きく左右します


さて、準備は出来ました
あとはクエストを与えられたお客人を待つのみ!



こんな会話をしながらまったり待っていると



来ました!!!
クエストを受けた方のお名前は「風谷ヨハネ」さん
この挨拶をしてスタート直後、
鯛は一切wisを返さないという宣言をしておきます(ヒントを出さないようにするため)




さて、鯛はメルケニス部屋にひかえているため
クエスト進行中のSSはなし

よってこのクエストの結果をいきなり発表!!


























おおとりさまが赤ネームになるなどのハプニングがありつつも
無事到達!!!!




クエストクリアとなりました!!

クエスト開始時刻:22時15分
クエスト終了時刻:23時10分


ハプニングによる足止めも若干ありましたが、結構時間かかってます!



最後にエルフ村に集まってしばしの歓談
皆さんお疲れ様でした!

いやぁ、Fireforgeを仲間に出来て本当によかったですね(笑

護衛イベントはもうちょっと難しくしても良かったかな、と思ってたり
言葉のやり取りをもっと奥深いものにして改良しよう…(笑


さて、このクエスト遊び
次回があるかどうかは分からないですが…
もし掲示板やメール等で要望などが持ち上がったら…
出来る限り答えていこうかと思います


おまけ

おおとりさまの下僕と仲良く移動
久々に見たなぁ、派手なトレイン
2004年10月04日(月) No.151 (イベント(プレイヤー))

悪い鯛の人は語る2


[漫画]女の戦い(1)


[漫画]女の戦い(2)


[漫画]女の戦い(3)


[漫画]女の戦い(4)


大感謝!


[漫画]女の戦い(5)


嬉しさ度


兄貴と家庭の事情


Works3


本日はWorks3の紹介です


こんな絵を描きまして



「月下夢想」
を運営されているダイアナXIさまに送らせて頂きました
トップに飾られております!嬉しい!!

こちらは絶妙なタイミングでメールによるリクエストがあり(笑、
その時丁度
「一発気合入れて描きてぇ!」
と思っていたので、喜んで受けさせて頂きました

…気合だけはいっちょまえという結果ですが(血涙

題材はダイアナXIさまからの指定あり
ハッチリンの鱗、堪能させて頂きました
へたれ絵描きに依頼してくださったダイアナさんに感謝です!

この一枚のお陰で、一発微妙にに気合入れて描きたいものが他にも…
サムロンとかサムロンとか…
でも忙しくて際どいですけど…(笑
2004年10月19日(火) No.161 (絵)

お祝いGET!


[漫画]姉さんの戦場


脳内妄想2


掲示板の要望も取り入れまして

カルミアンの間違った着こなし方…ならぬ

間違ったカルミアン



※公開終了※

え?いい加減にしろ?描くなって?
まぁいいじゃないですかちょっとくらい

……すまへん、おとなしくアンヘルの滝に篭ってきます


※アナウンス※
wisくださる読者の皆様、いつもありがとうございます!

さて、最近売りさばきたいものが山ほどあるため、
露店放置率が高まっておりますです。
なので即返事が出来ない場合が多々ありますが、
メッセージはいつもありがたく読ませて頂いておりますことを
ここにアナウンス。
こ、こりずに声かけてやってくださいませ・・・!
2004年10月23日(土) No.164 (日記)

新種族にいかが


[漫画]兄貴と抱っこ


多謝


この日記って、本当にいろんな人に支えられて形になってる

ぼくの日記は8割が実話
それは何のおかげで成り立つのかと言うと、
やっぱりネットゲームならではの「出会い」、そして「コミュニケーション」だと思う

到底一人だけでは思いつかないような出来事に
いっぱいいっぱい遭遇した

皆ほんとにほんとに有難う
皆のお陰で酸いも甘いも楽しんでるって気がする


っていきなりくさくなっちゃったけど
ネットゲームでこんなこと語るのはUO以来なんだけど


今月末を境に、別の世界に旅立った人が結構いる
アデンを巣立った人もいれば
来たる新しい時代に向けて別の世界で充電、という人も

日記によく出ていたFireforgeもその一人
匠の業を休め、今は姉の行き来する「戦場」で活躍中
でも、彼がアデンに帰ってくることはないとはいえ
「世界」を自由に行き来するエルモア竜神会(Bluemoon Force)の一員
ぼくらはまだまだ繋がっている

まぁ、そうしてアデンから去る人もいれば、
エルモア竜神会メンバーも少し増えてたりして

まだぼくのアデン話は終わらなさそう

分身であるMihiraがブリタニアから旅立ったように、
ぼくもいずれはアデンから旅立たなきゃいけない時が来ると思うけど
もう暫くは居座ることになると思う

なんだかんだいって、この世界が好きなんだろうなぁ



魂を繋ぐ蒼い月の力のもと、感謝をこめて
2004年10月27日(水) No.167 (日記)

[漫画]兄貴と語尾