パワージェブリン


この狩場のピークも終わり、今更感が半端ないわけですが
やっとオルビスの殿堂3Fでの狩りについて解説する気になりました

口で言うのは簡単な事で、近接ATKとして狩りをしていた自分では、盾さんたちの事情を把握するのは難しい
解説しても、「それ意味あるんですか?」とか「そんなの出来ないです」という雰囲気になる事が多かったように思います

兄貴がシーゲルナイトになって実践したところ確証を得たので、ここにメモを残しておきます



さて、オルビス3Fでの狩りで、軽ATKなら誰もが悩まされたであろう、



一番厄介とされるオルビスジャヴェリナー「パワージェブリン」というスキル
これによってPTが半壊した、なんて経験のある方もいらっしゃると思います

超痛いですよね!
LV99のぼくでも、正面から食らう+クリティカルだと一撃死してしまいます

そんなパワージェブリンの仕様予測と対策について簡単に解説します



ジャヴェリナーがプレイヤーをタゲって



パワージェブリンを発動! 一直線上にラッシュし……



プレイヤーに着弾したところで範囲攻撃が発生します
※ラッシュ中はアタリがないようで、ダメージを食らいません

この範囲内にいるとダメージを食らうわけですが



どうやら着弾点周辺が一番痛く、範囲の一番外側はあまり痛くないようです
ここに複数のプレイヤーがいると



こうなります

さて、盾さんがジャヴェリナーにヘイトを入れてターゲットを受けている場合



このような状況でパワージェブリンを発動されると



0距離で発動、周辺の近接ATKはこれに巻き込まれます

特に、盾さんと同じように正面から殴っていると一番痛いダメージの範囲内にいるため大ダメージを食らいやすい
短剣職がジャヴェリナーを正面から殴るのは大変マズイです、スキルクリを食らったら間違いなく死亡

さて、こうならないようにするにはどうすればいいかというと、盾が一工夫すればあっさりリスク回避出来ます

オルビスジャヴェリナーは、見ての通り通常攻撃が遠距離攻撃です
これを利用して、



盾はHateを入れたら、ATKよりも前に出る
するとジャヴェリナーはその場で盾さんに攻撃を続け、やがてパワージェブリンを



発動!
こうなれば、近接ATKはダメージを受けないというわけです

「なるほどわからん」という方のために動画を用意しました
あまり良い例ではないのですが、イメージ的にこうということで、
オルビス3Fでの狩りに悩んでいる盾さんにはちょっと参考にな……るといいなあ



これはスコア2300程度の狩りスピード
PTメンバーのHPと盾の位置取りを見ればなんとなく分かるかもしれないです

スコア3000前後の狩りスピードになるとまた状況が変わってくるのですが、多分やることは一緒

範囲狩りが主流になりつつあるけれど、
オルビス3Fは覚醒後の単体狩場としてはかなりテクニカル
このジェブリン受けが完璧に出来れば短剣さんは背後を取りやすく、ブローでの大ダメージもしくはHKが入れやすいと言うわけ

オルビス3Fは、単体狩りに限り、シーゲルナイトの立ち回りが重要で大変楽しい狩場です


■追記



壁を背に引くとこうなるので、単体狩りにおいて壁を使うのはかえってリスクが高まります
範囲狩りでは当たり前だったりするけど、範囲狩りも可能な編成でない限りちょい危険、ということを念頭に!
2013年02月25日(月) No.2064 (攻略情報)

フリンテッサ討伐その2


さて6/2も



助っ人に行ってまいりましたフリンテッサ討伐

フレヤ後のフリンテッサは、ティアトと同じく
入場制限解除日が水曜日と土曜日に設定されています


6/1のフリンテッサ主催の方は、水曜日も連続で討伐を企画していたため
連続の出撃と相成りました

一度レポートをUPしたにも拘らず同じ話題を取り上げたのは、
今回は若干作戦が変更されまして、これにより攻略のヒントに対し確信を得たため

軽く討伐の様子に触れておきます


6/1は、フリンテッサの部屋の中心に布陣し



部屋の中心からこれくらいの距離で引きまわしを行いました
このとおり、結構半径が大きめです

そして6/2の討伐ではこれをぐっと縮め、



中心からあまり距離を取らず、小さめの半径で引きまわしを行いました

全体の距離感はどうなっているかというと



こんな感じ
そして

・鈍足スキルを常時入れる
・遠距離スキルを持つ前衛・WIZは中心点から攻撃を行う
・他の職はあまり弓を使わず、引きまわされるハリシャを後ろから直接殴る
・後衛はマナバーンにMPを使う

といった具合の討伐方法にになりました
(最初は皆弓を使っていたけど、だんだん直接殴りに切り替える人が多くなり、最終的にこうなった)

この方法で討伐は無事終了、討伐時間をおよそ40分前後に短縮することが出来ました

さて、前回と比較して

・ハリシャが範囲スキルを使った回数 : 1回
・勝手に体が踊りだしちゃう行動不能曲「マズルカ」 : 一回も演奏されず
・兄貴が死んだ回数 : 1回

このような結果に
マナバーンが効いたのか、それともハリシャが立ち止まらなかったせいなのか分かりませんが、
範囲スキルは殆ど見なかった……

ここでひとつ確信したこと

英雄クラスの火力を持つ前衛職が直接殴っても、ヘイトは盾職が維持出来る
(引きまわしで生じるヒットまでのタイムラグがそうさせてる?)

盾職が欠かさずヘイトを入れる限り、後衛にタゲが飛ばない

ハリシャは確かに強いです
が、それはスキルを使えばの話

難易度自体は低く、
あとは前衛のLVと火力次第で討伐にかかる時間が決まる、といったところでしょうか……
(1時間ほどで倒せる火力がないと、ID突入後1時間ほどでやってくる硬直時間が全滅の危機を招くかも
硬直時間が来る前にリスタするなどの解決方法はあります)


今回参加させてくださった主催さんは、来週も討伐を主催されるようなのですが
その告知に「三段階目用にプレレザ推奨」と書かれていて、
思わず心の中で賛同してしまいました

この戦略だと滅多に反撃来ないし、来てもどうせ一撃死だし……ね……


また参加の機会があるかどうかは分かりませんが、
また敷居低めにした設定で、いつか主催してみたいですね:)


おまけ


DE男のデスティノ重セット発見!
2010年06月03日(木) No.1034 (攻略情報)

フレヤ降臨後のフリンテッサ討伐




デスティノローブ発見!



ここにもデスティノローブ!!
早くも一式揃えたという方々が続々と

自分もいずれ、オリンピア用にデスティノ重セットを揃えたいなと思ってます


さて、6/1のこと

思いがけずフリンテッサ討伐の助っ人に呼ばれ、LV80になったばかりの兄貴が出撃

フレヤ後初参加となります!



実はフレヤアップ直後に、ティアト〜フリンテッサ梯子討伐の主催を試みたのですが、
募集を始めた後、ID化したフリンテッサは、入場制限がLV80〜85となっていた事が判明
(アップデートがくるまで明確な情報はなし)

自分の主催するティアト討伐の戦略と、
ティアト討伐参加条件の敷居を上げないというコンセプトに合わず、
また自分の主催するティアト討伐に参加して下さる方々を大事にしたいという思いもあり、主催を断念しました

でも、いつになるかは分かりませんが、いつかもう一度討伐を企画してみようと考えています

「もう一度」と思った理由は、この6/1の討伐がとある戦略を用いて成功したため

そんなわけで、討伐の様子を軽くここに上げておきます


22:00にフリンテッサの住処に突入

 1番目の部屋(ホームアラーム部屋)


フレヤ前と違うところ:mobの多さ

mobの多さが半端ない
クリエラするんじゃないかというくらいの多さ……


◆2番目の部屋(聖歌隊部屋)


フレヤ前と違うところ:mobの数あまり変わらず?

グレシアまではこの部屋をスルーすることが多かったのですが、今回はしっかりとmobを全滅させて進みました


 vsフリンテッサ + スカーレット ヴァン ハリシャ


第一形態〜第二形態までは、ATK・歌踊が全力で近接攻撃
ハリシャの攻撃はかなり痛いですが、ここまでは結構耐えられます

問題は



最終形態、ここからです

今回参加させていただいた連合は、先週にも討伐を行ったそうなのですが
いずれもハリシャの最終形態で討伐を断念、撤退しているとか

理由は、最終形態で使われる範囲スキル

この攻撃、どんなに防具を闇耐性で強化していようが、MRを上げていようが
食らうと30k〜50kのダメージを受けるそうなのです

これは、タイタンやマエストロ・フォーチュンシーカーがギリギリ耐えるかどうか、というラインで
他職はどうあがいても即死

しかも効果範囲がかなり広く、
ハリシャを中心にして半径700〜900まで届いているのではないか
という凶悪なスキル

これに後衛が巻き込まれたらもう、半壊どころの騒ぎではありません

そこで用いられたのが



ハリシャ引きまわし作戦
あっ なんか懐かしい

ハリシャは、立ち止まるとスキルを乱用します

ということは、立ち止まる機会をなくせば、スキルを使う頻度も減る――ということで、今回は
盾職の方がHateでハリシャを引っ張り、後ろから遠距離攻撃を用いてハリシャを攻撃するという作戦

ハリシャに攻撃が届きやすいように、ハリシャ本体に鈍足系のスキルを入れて
盾職はひたすらHateしながら走りまわり

Hateだけで引きまわせるのかな、突然ターゲットを変えたりしないのかな、と思いながら弓を持って攻撃に参加しましたが、



タゲ飛びもまったくなく、外周レース状態を維持




引きまわしの場合、安全地帯は外周ではなく部屋の中心となり
後衛は中心に集まって前衛をサポート

今までの討伐だと、外周に後衛が控え、部屋の中心でハリシャと戦うという戦略だったので
かなり斬新な布陣となりました

これにより、カーディナルのLV83スキル
「サブライム セルフ サクリファイス」が行きわたりやすいという利点が!

遠距離攻撃が主体となる作戦では、前衛が弓・スキル・魔法などでMPを消費するため、
エヴァスセイントやエヴァスセイントのMPがかつかつになりがち
カディの83スキルの恩恵を受けたい後衛さんには有難い布陣です


そんなこんなで、22:52ごろ



討伐無事成功!


引きまわし作戦は最後まで滞りなく、気付いた部分だけあげると

・ハリシャが範囲スキルを使った回数 : 4〜5回
・勝手に体が踊りだしちゃう行動不能曲「マズルカ」 : 一回も演奏されず
・兄貴が死んだ回数 : 2回
・兄貴が受けたダメージ : 30k(二〜三回死ねるよ)

こんな感じ

ドロップするアイテムの種類もかなり変更されてました
今回のドロップ品は

・フリンテッサネックレス
・バーペスシギル
・ベスペルアベンジャー

でした!

フリンテッサ討伐の簡易レポートは以上です
貴重な体験をさせていただき、参加させてくださったPTLさんに心より感謝申し上げます:)

感想としては――
この引きまわし作戦だと、相当の火力が必要になる事ももちろんですが、
後衛がMPを維持できるか否かが勝敗を分ける事になりそうです
2010年06月02日(水) No.1033 (攻略情報)

[攻略情報]エキムス討伐


まだ参加したことないという方向け!

27人で討伐する連合IDレイド、「エキムス」討伐の基本的な流れを説明します。

これも、グレシアプラスが来る前は最大45人で攻略するIDでした。現在は最大27名まで。

参加推奨LVは80〜85。
エキムスのLVは82です。

エキムスを倒す事が出来れば、べスペル防具・アクセかダイナスティ防具の現物を得る事が出来ます。

S76コアをドロップするコヘメネスよりも攻略しやすく、火力が一定以上あれば5〜10分程度で終わります。
が、これも20分以内に討伐出来なければ失敗と考えた方が良いレイドと言えます。

事前に受けなければいけないクエストはありません。
Buffは不滅の種の心臓部に入る前に施し、準備が出来たところで突入します。

心臓部のマップは、簡単に描くと



このようになっていて、連合の1番目のPTはエキムスの部屋にその他のPTは腫瘍体部屋(入口)に飛ばされます。

突入後、暫くすると



エキムス登場のムービーが30秒ほど流れ、戦闘開始となります。


さて、腫瘍体部屋に飛ばされたPTの役割は、コヘメネスと同じく、死の腫瘍体の破壊になります。



エキムスの部屋に飛ばされたPTはすでにエキムスと戦闘中ですが、
エキムスは腫瘍体が残されているうちは無敵状態でダメージが通りません。




腫瘍体の部屋にいる雑魚を、「終末の律法学者」を最優先にせん滅し、
その後適当に雑魚を処理しながら主催の指示どおり腫瘍体を破壊します。

終末の律法学者をはじめとする雑魚にはTUが効くので、TU持ちもせん滅に協力していきます。

また、部屋の外にある「死の守護物」も破壊する必要があります
放っておくと腫瘍体の復活を早める結果になってしまうので、迅速に処理。
近接攻撃で破壊しようとするとmobが複数湧いてしまうので、インク魔法か精錬魔法で破壊するのがベストです。

腫瘍体の部屋に、ランダムで2種類のネームドmobが湧きます。
これは無理に倒す必要はなく、痛くもないので、ダンサーかシンガーがヘイトを入れて連れ回せばOK。


さてさて、腫瘍体をいくつか破壊すると、



エキムス弱体化のお知らせが流れます。




さらに、腫瘍をすべて破壊することにより、




エキムスの強化状態を完全に解除することが出来ます。

腫瘍をすべて破壊したあとは、エキムスが再び無敵にならないよう、
腫瘍の復活を阻止すべく「魂の管」と「死の守護物」の破壊に注力します。

腫瘍を復活させてしまうと、




力を取り戻しましたというお知らせが……!
無敵状態に戻ってしまうので、なるべく復活させないようにする必要があります。


また、エキムス討伐中に死人が出てしまうと、エキムスの攻撃力と防御力が強化されてしまうようです。

なるべく死者を出さないよう、27人全員のチームワークをもって全力を注いでまいりましょう。


コヘメネス・エキムス討伐の基本的な流れは以上です。


以下、参加してみた自分が感じた事をば――

いずれも27人という少数で攻略しなければならず、また長引けば長引くほど不利になるので、
すべてのPTにおいて相当の火力が必要だという印象を受けました。
まさに精鋭揃いでないと、リスクが高そうです。

しかしそれだけではダメで。

腫瘍体や象徴の破壊など、討伐へのプロセスが若干複雑なので、
個人的には、一番重要なのは主催の指示を漏らさず聞く事だと考えています。

その次に編成(人員確保)、腫瘍体PTにおけるTLの迅速な対応、PTLの指示対応能力等々と
要求されるものがたくさんありますが――

今後初めて参加される予定のある方、主催される予定のある方は、
いろんなところから情報を拾いつつ、KIAIを入れて挑んでみてください!
2010年01月15日(金) No.992 (攻略情報)

[攻略情報]コヘメネス討伐


まだ参加したことないという方向け!

27人で討伐する連合IDレイド、「コヘメネス」討伐の基本的な流れを説明します。

グレシアプラスが来る前は、最大45人で攻略する連合IDだったのですが……
現在の人数制限は最大27人、非常に少ない人員で攻略しなければなりません。

参加推奨LVは80〜85。
コヘメネスのLVは82です。
(マップのワールド情報には85とありますが、間違いなく誤表記です)

PTメンバーの割り振り・編成などは、連合ごとに工夫する必要があるところなので省きます。


討伐の制限時間は20〜30分だったと思うのですが、
40分という説もあって正確な時間を把握していません……すみませぬ!

ただ、20分以内に討伐出来なければ失敗すると考えた方が良いようです。


27人集まったら、不滅の種で「侵食の棺室を占領」というクエストを受けます。
討伐参加者全員必須。

Buffは棺室に突入する前にかけ、準備が出来たところで突入します。

侵食の棺室内は、簡単に書くと



こんなダンジョンになっています。実際はもっといびつですが、目安にはなるかと。

コヘメネスの象徴が4本死の腫瘍体が4個
死の腫瘍体は、苦痛の棺室で登場するものと変わりません。

さて、棺室に入った時点では、コヘメネスはまだ登場していません。
コヘメネスを呼び出すには、死の腫瘍体をすべて破壊する必要があります。



そんなわけで、腫瘍の破壊を担当するPTは各個撃破。
POPするmobは苦痛の棺室と似たり寄ったりで、アンデッドが多く、ターンアンデッドが有効です。



死の腫瘍体をすべて破壊すると、



こんなメッセージが画面上に表示され、



やたらテンションの高いShoutが響き渡り、コヘメネスとアルジェクンテが登場します。

ちなみに、アルジェクンテはコヘメネスに恨みのあるお方のようで
何をするわけでもないので放置でOK。

こいつらがどこにPOPするかというと、



コヘメネスの象徴がある部屋に湧きます。

この時点で複数のコヘメネスの象徴が残っている場合、どの部屋に現れるかはランダムで決まるようです。

さて、コヘメネスの象徴は破壊することが出来ます。
破壊した部屋には現れません。
ただし、コヘメネスの象徴も一定時間経つと復活します

コヘメネスをPOPさせるタイミングとコヘメネスの象徴の破壊タイミングが、討伐を手際よく進める鍵となります。

尚、コヘメネスの象徴のSSは撮影出来ておりません……!



死の腫瘍体の破壊と維持はとても重要な仕事。
コヘメネスが登場した後も、腫瘍体担当のPTは部屋に残り、腫瘍体の破壊状態を維持します。

「苦痛の棺室の防御」に参加された事のある方は分かりやすいと思うのですが、
腫瘍の破壊状態維持もそれと同じ要領。

腫瘍体を破壊したあとに「魂の管」がPOPするようになります。
この管は、腫瘍体に魂を注いで腫瘍体を復活させようとします。
破壊状態を維持するために、積極的に魂の管を破壊しましょう。

破壊が遅れ、大量にPOPさせてしまうと、腫瘍体が復活してしまいます。

腫瘍体が復活すると、コヘメネスは再び雲隠れし、HPが全回復してしまいます。

討伐にタイムラグが出来てしまうので、絶対復活させてはいけません。
万が一復活を許してしまったら、迅速に腫瘍を破壊しましょう。


一方、コヘメネス本体は――



アンバーやゴードンより柔らかい印象があるんですが、
時折こんな台詞を叫び、ワープで逃げようとするのが特徴です。

ワープ先は、



コヘメネスの象徴が存在する部屋。

コヘメネスの象徴がすべて破壊された状態の場合、



通路のどこかにワープします。

コヘメネスをワープさせない方法は、一部のスキルを連打するくらいでしょうか……

無事コヘメネスを倒すことが出来れば、



こんなShoutがありつつ



討伐成功のお知らせが画面上に表示されます。


ちなみにコヘメネスのドロップですが、S76武器・防具現物かコア、S-ZEL・S-DAI等。
今後のアップデートで報酬が上がるようなので、それに期待してみるのもいいかもしれません。


27人という限られた人数でどのように編成していくか、どんな手順で討伐するか。
コヘメネスは、事前に緻密な作戦を立てていく必要があります。
恐らくIDレイドとしては最高難易度ではないかと。
短時間とはいえ、場合によってはティアトより大変……

次回更新では、エキムス討伐についてこれまた軽く触れて行きます。
2010年01月13日(水) No.990 (攻略情報)

[攻略情報]エキムス討伐への道のり




1/10まで、とある主催さまのもとで「エキムス」討伐の攻略に協力していたぼくですが、
攻略がひと段落したことと、同盟での活動に注力したいという思いがあり
一旦エキムス討伐連合のPTLとしての役目を終えることにしました。

べスペル防具をドロップするエキムス討伐には結構深めのプロセスがあり、
このためオープン討伐が困難で、クローズド討伐になりがちです。

これは実際体験してみると分かるのですが、
仕様上そういう傾向にあってやむなし、とぼくは考えています。

ぼくがPTLを降りた分、いろんな人に参加のチャンスが生まれるといいな、という思いを込め
プロセスをちょっぴり紐解いて、簡易的な攻略レポートをここに置いておこうと思います。


まず、不滅の種には、

苦痛の棺室、侵食の棺室攻撃 - 周期1
  ↓
不滅の心臓部攻撃 - 周期2
  ↓
占領完了 - 周期3
  ↓
苦痛の棺室防御・侵食の棺室防御 - 周期4
  ↓
不滅の心臓部防御 - 周期5

このとおり周期があり、中型レイドである「エキムス」が現れるのは周期2にあたります。

この周期を、1から2に進める必要があるという事になるのですが、

・苦痛の棺室を一定数攻略する
・侵食の棺室を一定数攻略する

このいずれかの条件を満たさなければ進みません。

苦痛の棺室はLV75〜82の9人PTで攻略するID(インスタントダンジョン)。
侵食の棺室はLV79〜85の27人編成の連合で攻略するID。

苦痛の棺室をサーバ全体で何回攻略する必要があるのかは把握していないのですが、
周期1から2に移行させる最も効率の良い方法は、侵食の棺室攻略

侵食の棺室には「コヘメネス」という中型レイドが存在します。
これを10回討伐することで、確実に周期2に移行させる事が出来ます。

周期2に突入すれば、いよいよエキムスが現れ、討伐が可能となります。
エキムス討伐を5回成功させれば、周期は3へと移行します。


さて、エキムス討伐へのプロセスにおいて周期1のコヘメネス討伐というのが一番厄介。
ID制限は苦痛の棺室と同じく24時間制――そう、1日1回しか討伐出来ないのです。

10回討伐を行う、ということは、1つの連合だけでステップを進めようと思ったら
10日も討伐を行わなければいけないという事になります。

複数回エキムスを討伐したい連合がある場合、コヘメネス討伐回数=貢献度となり、
エキムス討伐を何回行うかという利権につながって行きます。

なので、例えばエキムス討伐を2回行いたい連合は、
コヘメネスを4回討伐し周期を進めることに貢献していく必要が出てくる
わけです。


ぼくの場合これがネックで、場合によっては一週間まるまる血盟での活動が行えなくなってしまい、
これによって参加出来ない同盟員に迷惑をかけてしまうという負の連鎖もあり
攻略が軌道に乗ったところで一旦身を引く事に。


さて、エキムス討伐には周期を進める必要があるという説明はここまで、
次回更新ではコヘメネス討伐方法について軽く触れていこうと思います。
2010年01月11日(月) No.989 (攻略情報)